Mac Yosemite 以降のターミナルでテンキーを使えるようにする方法

OS: OS X El Capitan 10.11.4 (OS X Yosemite 10.10〜)
Shell: Zsh

Mac の OS を Yosemite 以上にアップグレードすると、ターミナルでテンキーが使えない問題が発生する場合がございます。シェルによっては vi/vim のときのみ使えないケースもございますが、Zsh の場合は通常のコマンドラインでもテンキーが使えませんでした。アップグレードによってターミナルの設定が変更されたことが原因のようです。

解決方法

  1. ターミナルを起動
  2. 左上の「ターミナル」メニューから「環境設定」を開く(もしくはショートカット command + ,
  3. 「プロファイル」の「詳細」タブを開く
  4. 「VT100 アプリケーションのキーパッドモードを許可」のチェックを外す

プロファイル.png

以上で即ターミナルでテンキーが使えるようになりますが、使えない場合はターミナルを再起動してみてください。

Mac Yosemite 以降のターミナルでテンキーを使えるようにする方法

Mac で `rename` コマンドを使ってファイル名を一括変更

OS: OS X 10.9.5
Homebrew version: 0.9.5
rename version: 1.600

Homebrew で rename をインストール

Homebrew が入っていない場合はこちらからインストール。

$ brew install rename

* Linux の rename とは別物です。

使い方

ヘルプコマンドで確認。

$ rename --help

もしくは、

$ rename -h

例1

ディレクトリ内の全ファイルの名前の “foo” 部分を “bar” に変更。

$ rename -s foo bar *

例2

拡張子 “css” を “scss” に変更。ファイル名途中の css が変更されてしまうのを防ぐため、正規表現で置換します。

$ rename 's/\.css$/.scss/' *.css
Mac で `rename` コマンドを使ってファイル名を一括変更

Thunderbird でメール作成時にウィンドウサイズに合わせて文字を折り返す方法

OS: OS X 10.9.5
Thunderbird version: 38.0.1

Thunderbird のデフォルトではウィンドウサイズを超えた分は自動的に折り返さず、横スクロールが発生してしまいます。これをメール作成ウィンドウに合わせて自動的に折り返す方法はこちらです。

1. 設定エディタを開く
環境設定 > 詳細 > 一般 > 設定エディタ

201507091141

2. 「細心の注意を払って使用する」をクリック

20150709120400

3. 検索で “wrap” と入力

20150709121438

4. “mail.compose.wrap_to_window_width” の値を “true” に変更
(ダブルクリック、もしくは右クリック > 切り替え)

20150709121841

5. 次回のメール作成よりウィンドウサイズに合わせて文字が折り返すようになります。
(Thunderbirdの再起動不要)

20150709122741

Thunderbird でメール作成時にウィンドウサイズに合わせて文字を折り返す方法